稲わら畳床

畳床

稲わら畳床

稲わら畳床には、全部稲わらを使った稲わら畳床(本畳床)と稲わらサンドウィッチ畳床があります。

稲わら畳床

※下記の基準により等級(普及品から上級品まで)があります。
(JIS規格による等級もありますが

1.稲わらの重ね方により三段配、四段配、五段配(四層配とか六層配という呼び方もあります)と、積層が多くなるほど上級品です。
2.畳床の上糸の縫い目間隔が1寸(30mm)、9分(27mm)、8分(24mm)、7分(21mm)、6分(18mm)と短いほど上級品です。
3.重量が、一般に重いほうが上級品です。

稲わらサンドウィッチ畳床(通称:わらサンド)

※稲わらの真ん中に下記のフォームやボードを重ねて縫った畳床

1.フォームポリスチレンサンドウィッチ畳床 : カネライトフォーム、スタイロフォーム、ミラフォームがあります。
2.ボードサンドウィッチ畳床 : ダイケンボードなどがあります。

※当社では以前、稲わら畳床の製造も行っておりましたが、東日本大震災後、製造は止めて、宮城県内の稲わら床メーカーから仕入れ販売をしております。

関連商品